塾と家庭教師の違いは何があるか

どうしても学校の勉強に追い付けない、あるいは何が何でも志望校に合格したいなど、さまざまな理由により、学力を向上させたいというお子さんは決して少なくありません。家族が勉強を見てあげることができれば話は別ですが、お金を払って勉強を見てもらう場合には、どんな方法ならお子さんに合うのか、よく検討したうえで決めることが大切です。大きく分けて考えると、集団で学ぶ学習塾と、個別に勉強を見てもらう家庭教師とがあります。どちらが良いのかといった判断をすることはできませんが、勉強を見てもらうお子さんに合わせた方法を選択してあげないと、せっかくそうした機会を作ったのにもかかわらず、学習の効果が出なかった、途中で辞めてしまうことにもなりかねないため、注意が必要です。

クラス全体の授業進行が重要視される学習塾

家庭教師の場合には個別にお子さんの理解度に合わせた指導が可能ですが、塾で学習する場合には、複数のお子さんが集まって授業を行うため、個々の生徒の理解度よりも、全体の授業の進行が優先されます。そのためわからないところがあった場合でも、授業が終わった後に個別に質問するよう指導されることがほとんどです。またそれぞれのお子さんの理解度に対する配慮はほとんど行われないため、基礎となる知識の理解ができていない場合には、さらに難易度の高い知識の習得が難しくなるのが現実です。そのためお子さんの学力レベルに合った教室を選ばないと、せっかく塾に通っているのにもかかわらず、学習効果が上がらないばかりか、塾での授業についていけず、途中で通うのをやめてしまうという事態にもなりかねません。

お子さんの理解度に合わせた学習が可能な家庭教師

塾での授業が全体の進行が重要視されるのに対して、家庭教師の場合には担当するお子さんの理解度に合わせた授業を行ってもらうことが可能です。そのため躓いてしまっている箇所や理解が完全でない分野があった場合には、理解できるまで、徹底的に教えてもらうことが可能です。また解らないことがあった場合には、すぐにその場で質問することができ、授業の間に理解することができます。塾での学習は同じ目的を持った仲間たちと切磋琢磨しながら学習することができますが、個別に授業をしてもらう場合には、必要以上に焦ることなく、マイペースで学習を進めていくことができます。一概にはどちらが良いのかということはできませんが、お子さんの性格や学習態度なども加味して、検討してあげるとよいでしょう。