姪の小学校受験に大騒ぎ

姪が小学校受験をすることになり、両家総出で大騒ぎです。皆にとって初孫であることもあり、一身に期待をもたれている姪を見ると、可愛そうにも感じますが、本人は誰に似たのか、至ってマイペースで、どこ吹く風邪です。仲の良い友達も、同じ小学校受験をするようで、同じ小学校に通うのと喜んでいるくらいです。何も知らないというのは、ある意味最強です。案外、名自信は、そのままのマイペースで、受験も難なくこなして行くように感じます。それに反して、心配なのが、兄夫婦です。兄は、残念な事に本番には弱いタイプですし、義姉も飄々としているタイプではないので、どうなることかと心配です。そこに、両家の親からのプレッシャーや初めてのお受験ということもあり、どうにも心配要素しかありません。とはいっても、助けられる事も出来ることもないので、ひっそり神頼みに行って来るくらいしか出来ませんが、無事に小学校受験を乗り切って欲しいです。

小学校受験に向く子、向かない子

少子化の流れで子供は少なく産んで手厚く育てるという方針の親が増えています。子供の数は年々減少している中、私立小学校や私立中学校に進学する子供の数は年々増えている事でもそれがうかがえます。私立中学受験となれば子供も自分の意思を示す事ができ、進路に対してある程度は自分の意見を述べる事もできますが、小学校受験となれば子供はたった6歳、受験を検討する年齢となればもっと幼い乳児の頃から受験を視野に入れなければなりません。当然子供自身が受験に対して意見を述べたり希望を述べる事はできません。そこで親が子供の資質を見極める事になりますが、受験に向く子はとにかく「負けず嫌い」「好奇心旺盛」である事です。これは幼児の頃から確実に見抜くことができます。受験には大人しい子が良いのでは、と考える人もいるかもしれませんが、もじもじした子より、受験にはハキハキとした子が好まれるようです。

小学校受験は普段の生活がカギとなります

小学校受験は一般的に幼児教室に入って受験対策する方が多いようです。特に小学校受験においては親の受験とも言われており、親の服装や願書の書き方、面接での受け答えまでマニュアルを作っている教室も多く見られます。実際の入学試験でとても大切なのは子供の行動観察です。多くの私立小学校では少人数グループに分けて共同作業を行わせます。一緒に遊んだり協力して何かを作ったり、といった普段の生活でよくある行動がその場で再現されます。お弁当の時間でも食べるときの行儀作法やグループに入る他の生徒との関わりなど門をくぐって帰宅するまでの行動全てが受験と言っても過言ではありません。つまり、日頃の親のしつけやお友達との関わりが校風にあっているかどうかという点が大きな判定材料になります。受験前に慌てて教えた付け焼き刃では対応できないことが多いので、普段から家庭内で観察ポイントとなりやすい礼儀作法は最低限意識して行った方がいいでしょう。

伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 年中児・年長児・1才児・1才児など、年齢に合わせて最適な教育が用意されています。 小学校受験をお考えの皆様へ